投稿者全員に1,000OFFクーポンをプレゼント中!

種子島で初サーフィン

してるんだろうか。

「幾つか聞きたいことや教えて欲しいことがあるんだ。それだけ」

「その後は用済み、というわけか」ピューマ サンバ

「え?まさか。用は無いけどそっちが思ってるみたいにはしないよ。お帰り頂くだけ」

僕の言葉にリッチは相当に動揺した顔をする。……顔っても髑髏だ。目の光り具合とか閉じられた口が開いてるとこで判断してるだけ。

「お前達の本拠地に連れてきた我を解放するつもりか!?」

「そ。身の安全は保証されたことだし、話に入ろうか」

横目に机とテーブルを見てリッチを促す。

僕が腰を下ろし、彼に着席を勧める。巴と澪は立って僕の両脇に控えている。

「まず自己紹介からですかね。僕は深澄真。こちらの呼び方に合わせるならマコト=ミスミ。で、こちらの蒼い髪の方が巴、黒い方は澪。二人は僕の連れだね。お供、でも良いけど」

苦笑混じりながら説明する。

「こちらの呼び方に合わせるなら、とは?」

「それは後々。そちらの番です」

彼の発言を手で促す。

「見ての通りリッチだ」

簡潔に己の種族を明かすアンデッド。いや、それはもう知ってるし。

「ではなく。貴方自身の名を教えてもらいたいんだけど」

「名など無い。我はリッチ、それだけだ。人であった頃の記憶はもう覚えておらぬし、記憶にあったとしても、その名はもう我が名乗るものでもない」

リッチになるっていうのはそういうことなのか?知り合いにいないから全くわからない。身内がリッチになりました~ってのはあんまり良い事ではないだろうし、こいつもファミリーネームを名乗りたくないとかかな?

「なるほど、じゃリッチさんでいいですね。失礼ですが男性ですか?女性ですか?僕、骨から性別の判別できないんですよ」

「いや、リッチで良い。さん付けは不要だ。君は勝者なのだから我に遠慮は要らない。それから我は男だよ、気付かなかったのかね」

「ええ、どちらか気になってて。そっか。ではリッチ、早速なんだけど」

「マコト殿といったか。我に発言の権利はないと思うが一つ、良いだろうか?」

「……どうぞ」puma 野球

自分は虜囚であると自覚しているけど、ってことか。何を言い出すんだろうね。

「答えられる内容であれば、で構わない。そちらの質問に応える毎に我にも一つ質問をさせてもらえまいか」

言えることならと前置きしてくれているなら断ることもないか。

「いいよ」

「感謝する」

「ではまず一つ目。どうして森鬼の村にいたんです?」

「我の研究の為。人の変質によりグラントに至る可能性を見出した我は森鬼の失われた能力を掘り起こし、その研究をする為に彼らの個体の一つに潜んだ」

人を変質させる森鬼の能力。じゃああの変態師匠の能力はこいつが呼び起こしたのか。

巴が目を細めて小さく、ほぅと感嘆するのが聞こえた。

「グラントとは?」

「我の質問の番だが、良い。答えよう。我は許可を貰い質問を許された身だからな。グラントとはヒューマンの上位種のこと。全てに於いてヒューマンを凌駕する存在とされている。我はグラントに至る道を求めている」

なるほど。よくわからないけど、この世界にはヒューマンの他にグラントという似た存在もいる、のか?でもそういう関係って完全な支配関係か、さもないとかなり酷い戦争状態になりそうだけど。

この世界で魔族と争うヒューマンのことは聞くけど、ヒューマンとグラントの争いは聞かないな。

「グラントになりたい訳も興味はありますけど、先に貴方の聞きたいことをどうぞ?」

彼の態度に影響されてか、自然と丁寧な言葉で彼との会話を続ける。

http://www.shoessignorant.com

# by io6lklw | 2013-09-12 16:55

女神が帰ってこられた

神が勇者を遣わされたと大分大げさなことになっていた。
だが実際神託の内容はそんな大層なものではなかった。

”勇者を与える。魔族を討て”

である。とにかく彼女の女神としての資質を疑わざるを得ない。付箋のメモ書きではないのだ。こんな解釈が自由自在な神託で派遣される方の身になって欲しい。nike スニーカー 新作

この神託。勇者を英雄として、救世主として扱ったのがここ、リミアである。この世界に来た三人の異世界人の中で最も良い扱いを受けたのがリミアの勇者だった。

喧騒の城下から所変わってここは神殿。魔族に滅ぼされた今は亡き宗教国エリュシオンが年中行事である祭礼儀式全般を行うための女神の神殿。

城の一部に組み込まれたその場所に金色の光が突如にして氾濫、炸裂した。散った光の跡、供物をばらばらに吹き飛ばした場に立っていたのは一人の少女。先ほどまでの光を呑み込んでしまいそうな深い黒髪、年の頃は十代半ばから後半。170センチ強の身長に整った顔、スタイル。
何より、黒髪と同色の切れ長の瞳。意志が満ちている。

神官は突然の彼女の登場に大いに困った。

不審者なのだが、金色は女神の色。その光を纏っていたことが困惑の原因だ。

そこへ鶴の一声。

ここ数十年聞こえることの無かった女神の声。

”勇者である。良き様に”

神官たちは歓声に湧いた。エリュシオンからリミアに亡命した高齢の神官には彼女の声を確かに聞いた者もいたから、聞き間違いはなかった。

女神が帰ってこられた。しかも勇者様を遣わされた!

となった。

祭壇にいた勇者、こと召喚者|音無響《おとなしひびき》は周囲の反応に思わず苦笑いを浮かべた。戸惑う人々にも自分の出現で吹っ飛んだのだろう供物の果物にも、彼女はそう反応する他なかった。

始めは、夜眠った自分が夢を見たのだと思った。

妙にキラキラと金色に輝く空間で金髪のとんでもない美人の女性から、事の顛末は聞いていたから事情はある程度飲み込めていた。

私の守護する世界が「邪悪な」魔族の手によって侵略を受けている。私が出来うる限りの力を授けるからどうか力を貸してほしい。この異世界の住人ならば世界を渡ることが可能で、しかも女神たる自分と波長の合う貴女しかない。

要約すると以上の様に泣きつかれたのだった。

かなり嘘が混じっている上に、侵略の原因には一切触れていなかった。邪悪という部分なんて完全に捏造だ。

今居る世界や友人の事を考えて一度は彼女も断った。

やたらと食い下がる女神に、あぁこれは夢ではないな、と彼女は考えた。とすると彼女は考える。

”本当に”ここではない世界にいけるなら。彼女の望むところでもあった。nike ウェア

女神は身体能力を向上させ、強力な魔力を与えてくれ、さらに人を惹きつけるカリスマの付与、神器の譲渡もしてくれるという。

彼女はこの世に飽いていた。さほどに今の生活に未練がないのだ。

生まれた家はお金持ち、そして容姿にも恵まれ、さらには勉強、運動両方に才覚があった。

努力はしたが、彼女は勝ち組で。しかも。どんな社会に入っても気がつけばトップにいるくらいの勝ち組だ。

それは家族の中での兄弟の間でも。

小学校でも。中学校でも。そして今通っている高校でも変わらない。

美人で勉強は全国レベルで上位を争い、運動では部活の剣道で全国区、他の競技でも助っ人で即戦力。満場一致で生徒会長。

優しく面倒見が良いと評判も良い。

なんでも出来たからだろう。誰かと苦労を共有した覚えがない。

ゆえに。友人は数多いが親友は一人もいなかった。少なくとも彼女からそう思える者は。

一人、
http://www.shoessretain.com

# by io6lklw | 2013-09-11 17:49

< 前のページ 次のページ >